英語を-1からやり直して英語を話せるようになるためのギター好き狸からのアドバイス

プロの通訳とか翻訳家ではないけど英語が使える普通のヤツShirotanukiが英語をなんとか習得したい!英語が嫌いだけど出来れば好きになりたい!という人のための英語のアドバイスを中心に書いています。趣味のギターや派遣での仕事の事なんかもちょくちょく書いています。

英会話教室を選ぶときのポイント!

Sponsored Links

英会話を習得したい、英語を話せるようになりたいと思い、英会話教室や英会話レッスンに通おうとする人は多いことでしょう。こと、社会人の方に多く見られる行動とも思います。もちろん、中高生、大学生の方でも英会話教室に通う方はいらっしゃると思いますが今回は社会人の方で且つ、「中学のときの英語、全然だわ!」という方に向けての英会話教室を選ぶ際のアドバイスを書きたいと思います。

f:id:sirotanuki:20161130221926j:plain

Photo via shannonmatthew via Visualhunt

英会話教室に通う目的を明確にしよう!

 

まず、ポイントを述べる前に、あなたが英会話教室に通いたいと思う理由、目的は何でしょうか?多くの方は、英会話習得を目指していることと思いますが、中には趣味のような感覚で通いたい、楽しみとして通いたいと思う人もいるでしょう。なにもやることがないからとりあえず英語でも初めてみようと思う方もいるでしょう。もしかしたら、「カッコイイ外国人の講師の先生に会いたいわ!」という理由で通う人もいるかもしれません。

あなたが通いたい理由はどれでしょうか?

 

もし、カッコイイ英語講師に会いたいという理由であれば英会話教室を選ぶポイントはとにかくカッコイイ講師のいる教室を探す!につきます。

 

英会話を真剣に習得したい

とりあえず英語の手始め・ファーストステップとして英会話教室に通いたい

 

この2つの目的に関しては、選ぶポイントが大きく違ってきますし真反対の性質の教室を選ぶべきとすら言えます。

それでは、上記2つの目的に置いての英会話教室を選ぶポイントを解説していきますね。

 

英語を手軽に始める、英語の勉強の手始めに英会話教室に通いたい場合

実践重視の英会話教室を選びましょう。大手から個人で行っているものまで幅広くあります。最近はカフェなんかでレッスンを受けられる英会話レッスンなんかもあるようです。

まず英語に触れる機会をとにかく増やして英語を楽しみたい!という人は、英語を発する、しゃべることに楽しさを感じることが多いです。

子供向け英会話教室のように果物や動物のカードをかるたみたいに英語で遊ぶ教室は選ばないまでも、なるべくゲーム性の高い、実践会話の多いレッスンを行ってくれたり、レッスンの度に色々な会話表現を教えてもらえる教室を選ぶといいでしょう。

 

しかし、このケースではデメリットもあります。

 

それは、英語の基礎がない人は成長が見られにくいということです。おそらくこういうタイプの英会話教室に通い続ければゼロよりは英語が話せるようになるでしょう。しかし、実践的な英語という意味ではどこか物足りなさを感じるものになってしまう可能性もあります。

 

英語の基礎が十分にある人であれば、こういったタイプの英会話教室でも英語力をドンドン高められるケースもあります。

 

英会話をゼロから真剣に学んでいきたい場合

中学英語もおぼつかない。でも、今から英会話を習得したいんだ!

そんな方、その意識素晴らしいと思います。きっと、何かしら必要性を感じ自ら立ち上がったのだと思います!

でも、過去のツケがありますよね?中学、高校と英語をおざなりにしてきたツケです。

「失礼な!中学、高校の英語をおざなりになんかしてないぞ!」

って、強く言い切れる人、どれぐらいいますか?・・・なるほど、ではおざなりにしてきてしまって今、「あちゃー」と思ってるアナタにアドバイスをお送りします。

 

まず、中学英語のツケの清算の必要が私はあると思います。

 

英語なんて、感覚だ!リズムだ!慣れだ!なんて言う方もいますが、それは基礎があってのお話です。もしくは、英語圏でずっと生活するぐらいやってれば慣れだの感覚だので英会話を習得し英語を話せるようになることもあり得るでしょう。

 

しかし、日本国内においては、なかなか英語を使い続ける環境を作るのは難しい。だから、基礎を自分のなかに作っておくことがすごく大切なんです。

 

さて、では英語の基礎をどう作るか?

 

英会話教室の中には、中学英語の復習なんかもやってくれるところがあります。こちらもまた、大手でも個人でもどちらでもあります。

もしかしたら、個人の英会話教室やプライベートレッスンを行ってくれる人に頼んだほうが英語の勉強も一緒に見てくれる可能性が高いです。

大手の英会話教室だとあらかじめカリキュラムが用意されているのでそれに沿ってないとなかなか特別にはやってもらえないかもしれません。

 

実際、私の知人で個人で英会話レッスンをやってる方が数名おり一度聞いてみたのですが、どの人も「要請があれば、料金は高くなるがレッスンを行うことはできる」と言ってました。

 

おそらく個人で英会話レッスンをやってる方はおおむねこういう人が多いと思います。

 

外国人の英会話レッスンはどうなの?

さて、たまに地域に住んでいる外国人の方がおうちでやってる英会話レッスンとかありますよね?このタイプっていいレッスンを受けられそう!と無条件に思い込む人が割といるのですが、実は一番気を付けなければいけません。というのも、その外国人の方の英語力、英語の発音はおそらくネイティブのそれと同等かかなり近いものを有していることと思いますが問題は、

 

その方の日本語力です。

 

「エイゴノレッスンデスカラ、エイゴオンリーデレッスンシマース!」

 

やめてください。ちゃんと日本語使ってください。

 

みたいな感じの外国人の英会話教室やってる人を昔テレビでみました。

 

やっぱりですね、外国人の方の日本語力が低いと、こちらの質問・疑問にちゃんと答えられない場合があるんですよ。

 

「あーOKO!フィーリングフィーリング!」って感じでパッパと細かいことを気にせずに進められる人はいいのですがそんな人ばかりじゃないですよね?

「ここの単語って、なんでこうなんだろう・・・・自分的にはこの動詞はこうしたいんだけどどうしてダメなんだろう・・・」

とつまづいた箇所でどうしても納得いく説明が欲しいという方ももちろんいらっしゃいます。

 

外国人の方がやってる英会話教室を選ぶ際にはその方の日本語力をしっかりと査定しましょう。

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

・Google は第三者配信事業者として、Cookie を使用してサイトに広告を配信します。
・Google 広告 Cookie を使用することにより、お客様のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、Google や Google のパートナーのユーザーに適切な広告を表示できます。
・ユーザーは Google の広告とコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます。